読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートを揺さぶる音楽映画の世界【おすすめ名作8選】

音楽の才能が皆無のわたしは、強い憧れから音楽がテーマの映画をよく観ます。
楽しくてどこか切ない個人的に好きな音楽映画を8つ選んでみました。

他には「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」や「24アワー・パーティ・ピープル」「少年メリケンサック」もおすすめです。

ギター弾きの恋

ギター弾きの恋 (字幕版)

 1930年代のニューヨークはジャズ全盛期。才能溢れるギタリストのエメットはジャズ・クラブでも人気者、その演奏には誰もがうっとり聞き惚れる。演奏とは裏腹に自堕落で身勝手な生活を送っていたエメットだったが、口のきけないハッティと出会い、次第に愛するようになる。ところが、上流階級出身の美女ブランチがエメットに興味を持ち・・・。

 世界で2番目の天才ギタリストエメット・レイのお話。
音楽も最高ですが、俳優も素晴らしい大大好きな映画です。
ベットの上で無造作にギターを弾くシーンがとくに好きです。

あの頃ペニー・レインと

あの頃ペニー・レインと (字幕版)

 厳格な母に育てられ、セックスもドラッグも知らない優等生。そんなウィリアムが地元誌に書いた原稿がローリングストーン誌の目に留まり、フツーの15歳の生活から一転、ロックの世界に没頭してゆく。ブレイク寸前のバンドに同行取材することになったウィリアムは、グルーピーのリーダー、ペニー・レインと出会う。それは切ない恋の始まりだった・・・。

 

 まぁ音楽映画で外せないでしょう。
監督の実話をもとにした内容で青春映画としても甘酸っぱくてとてもいい。
個人的にはペニー役のケイト・ハドソンの無邪気な可愛さを収めた映像だと思います。

Amy

エイミー [DVD]

 大好きな父を失い難聴になった少女と、彼女の心を癒す売れない歌手との交流を描いた「日陰のふたり」のレイチェル・グリフィス主演の感動作。

 

 アニーではなくてエイミーを紹介します。
あまり知られてない映画ですがエイミー役のアラーナ・ディ・ローマの歌声が愛らしい良作です。
ストーリーで気になる点はいろいろありますが、それでもいい映画でした。

この世の外へ クラブ進駐軍

houti  214) 邦画チラシ[ この世の外へ クラブ進駐軍 ]オダギリジョー、萩原聖人監督阪本順治

 1947年、敗戦国日本に続々と派遣される米国進駐軍。軍楽隊出身のテナーサックス奏者・広岡(萩原)は、ベースの平山(松岡)、ピアノの大野(村上)、トランペットの浅川(MITCH)、ドラムの池島(オダギリ)と共にバンド「ラッキーストライカーズ」を結成し、米兵相手に武器を楽器に変えて、自分の人生を切り開こうと演奏を続けていた。やがて音楽を通じて、かつての敵である米兵との間に友情が芽生えるが、平穏な日々は長くは続かなかった…。

  

 むずかしく考えずに観れる音楽エンターテインメント。
敗戦やJAZZに強い思いがある人には合う合わないがあるかもしれません。
この監督は「顔」という藤山直美主演の福田和子の事件をもとにした映画もおすすめです。

すべてをあなたに

すべてをあなたに ディレクターズ・カット版 [DVD]

 トム・ハンクスが初監督・脚本・出演を務めた青春音楽映画。60年代を舞台にした、ロックバンドの青春と恋の物語。友人のバンドに参加したガイは、独自の演奏とパフォーマンスで人気を得て一躍スターに上り詰めていく。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

 

 ペンシルベニア州の小さな町から始まる青春バンド物語です。
スターになるまで早足で駆けていくところが最高なんです。
フェイ役のリヴ・タイラーがひたすらキュート!!

ブラス!

ブラス! [DVD]

 鉱山閉鎖に揺れ動くイングランド北部の炭坑街で結成されたブラスバンドが、苦難を乗り越えてコンテスト優勝を目指すヒューマンドラマ。ピート・ポスルスウェイトユアン・マクレガー、タラ・フィッツジェラルドら英国出身の人気俳優たちが共演。

 

 ちょうど良い映画予告がなくて残念ですが、本当に素晴らしいのでぜひ観てほしい作品です。
本作のストーリーはグライムソープ・コリアリー・バンドにまつわる実話をもとにしていて、原題の「Brassed off」はイギリス英語で「怒っている」、「うんざり」という意味だそうです。

青春デンデケデケデケ

青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]

 60年代を背景に、ベンチャーズに影響を受けた高校生たちの姿をノスタルジックに描いた青春ドラマ。監督は『ふたり』の大林宣彦、原作は芦原すなお直木賞受賞作。

 

 子供の頃、深夜にTVで観たのですが、もうずっと心に残っています。
今、youtubeで断片を観ても心が熱くなる、最高の青春映画です。
音楽担当は久石譲さんなのでロック以外の劇中で流れる音楽も期待して下さい。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(字幕版)

 自由と引き換えに性転換をして女としてアメリカに来たヘドウィグ。やがてロッカーを夢­見るとトミーと恋に落ちた彼は、自分の持つ音楽やロック魂を全て教え込む全て教え込む­。だがトミーは裏切り全曲を盗んでデビュー。ヘドウィグの曲を歌いビルボードNo.1­ヒットを飛ばしたトミーはコンサートを開始する。昇進のヘドウィグも彼を追いかけ全米­各地を巡業。ある日ヘドウィグはトミーと再会するが・・・。誰もが、自分の"­;カタワレ"を探してる...。セレブリティ達を熱狂させた幻のロック・ミ­ュージカルが、ついに映画化!夢と引き換えに刻まれた、「怒りの1インチ(アングリー­・インチ)」。ヘドウィグの魂の叫びは、トミーへのラヴ・ソングだった...。

 

 ジョン・キャメロン・ミッチェルが監督・脚本・主演をつとめた作品。
オフ・ブロードウェイで上演されロングランを記録した舞台を映画化したものです。
数々の賞も受賞し有名ですが、この作品は見せ方の上手さというか、ストーリー、ビジュアル、イラスト、歌、そのバランスが完璧です。

sotsusotsu.hatenablog.com

sotsusotsu.hatenablog.com