読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊はてなブックマーク2016/07

f:id:sotsusotsu:20150816205733j:plain

前回の記事からさらに増えて、ブックマークが1346になっていました。現在、165のブログで読者登録をしています。

前回の記事

sotsusotsu.hatenablog.com

 はてなに毎日ログインするようになって一年が経ちました。

このブックマークまとめも今回で12回目です。

今回もブックマークした中から好きなエントリを選びました。

エントリを載せないで欲しいという要望があれば、すぐに知らせて下さい。

2016/07

「やりこまない」ゲームライフのすゝめ

 ドンドン手を出してみて、面白そうな作品だけ遊ぶ。

シンプルだけどハッとさせられる考え方。

費やした時間やお金は回収しようがない(埋没資金)ので損切りも大事。

【読み捨て版】読書家などとは言えぬぼくが勧める、ぼくの人生を大いにもしくは少しだけ変えた5冊

 パロの題名だけでもうニヤリとしてしまった。

このリストの本をわたしが読まなくても、この記事はまた読み返したい。

勉強に役立ちそうなエントリの一覧

 百科事典みたいに、あらゆる科目にわたる知識が集められている。

勉強だけでなくハートの方程式やフラクタル動画のような記事もある。

ハートの方程式 - 大人になってからの再学習

フラクタル動画 - 大人になってからの再学習

映画『同級生』感想文

 男と女は、男と女であるけれど、男と男は、男と男である以上に、人間と人間であるのかもしれないなぁ。そんなことを見ていた僕は思ったよ。もちろんほんとのほんとのほんとは男と女だって人間と人間であるべきなんだ。だけどそれはずいぶんむずかしい。男と女が好き合うことはいわゆる自然とされているところだけれども、それゆえに男と女という関係はなんだか不自然であるようにも思われる。人間と人間がそこにいた時、そのふたりにぴったり合う形をぼくらは探さなくてはならないわけだけど、一方が男で一方が女であった場合ぼくらはしばしばその努力を怠ってしまう。男はいつだって男でなくてはならないと思ってしまうぶぶんがあるし、女にもたぶんそういうところはあったりなかったりするのだろう。

 この部分がわたしにとって新しい考え方だったなー。新鮮。

引用した以外もただの感想文じゃなく、読みものとして面白かった。

Prismaで加工した汚部屋が芸術的すぎる!!汚部屋はアートだったのか!!

 アートをフィルターにする現代アート

このアプリと動画で、アメコミみたいな漫画が作れそう。

広告を非表示にする