読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle Unlimitedで読んだ本とコミック(2):2016/11

継続中の定額サービス、Kindle Unlimitedの備忘録。

sotsusotsu.hatenablog.com

今月は並行してオーディオブック定額聴き放題サービスのAudeble(オーディブル)を利用していたので、こちらは少なめです。

☆4以上のものについては簡単な感想を書きました。

※作品の☆は個人的なもので、Amazonの評価ではありません。

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻/ 江口寿史

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

 

★★★☆☆

ギフト± 1/± 2/ナガテユカ

ギフト± 1

ギフト± 1

 
ギフト± 2

ギフト± 2

 

★★★★
臓器売買という重いテーマを扱っている。

グロい描写もあるけど、女子高生が主役だからか読みやすい。

表紙からは絵が下手そうな印象を受けたけど、中のマンガの画力は高かった。

『ギフト±』のフォントもダサいし、かなり装丁で損してると思う。

長期連載せずに、10~15巻くらいで完結したら一気読みしたい。

火の鳥 1/2/3/4/5/手塚治虫

火の鳥 1

火の鳥 1

 
火の鳥 2

火の鳥 2

 
火の鳥 3

火の鳥 3

 
火の鳥 4

火の鳥 4

 
火の鳥 5

火の鳥 5

 

★★★★

火の鳥』は、ずっと読もうと思っていたけど読めずにいた。

手塚治虫先生のマンガは情報量が多くて、読むのにパワーがいるからだ。

しかし、いざ読んでみると面白くて、なにも問題はなかった。

ネットの未来編だけでも読んだ方がいいという意見に大いに共感、納得した。

この未来編が、最後の巻ではなく途中にあって、過去と未来を行き来するというのもすごい構造だ。

最後まで読むと、また違った面白さがあるんだろう。

あなたの大好きなその映画、駄作ですけど/映画男

★★★★

わたしが好きなブログ「ただ文句が言いたくて」のまとめ本。

同じ映画を観て、こんなに感想が違うことに驚きがある。

意外な映画が高評価だったり低評価だったり、へーという感じで楽しめる。

女子をこじらせて/雨宮まみ

女子をこじらせて

女子をこじらせて

 

★★★★

エロの原体験の話が興味深い。

今はペイチャンネルなんかなくても、ネットで同じ沼が待ち構えている。

そんな女子たちを安心させてくれる本だと思う。

普段エッセイの類は読まないので、こんなに赤裸々な自分語りは、いつか匿名のmixiを読んで以来だった。

へんなねえさん/吉富昭仁

へんなねえさん

へんなねえさん

 

★★★☆☆

仕事に効く教養としての「世界史」/出口治明

★★★★★

読み物として楽しめる、歴史嫌いにおすすめの本。

世界史の授業は範囲が広いため、大きな出来事と、「いつ」「だれが」だけを覚えた。

「なぜ」かなんて、さらっと流され、ほとんどテストにも出なかった。

いま思えば、単語を覚えていただけで、歴史に興味が持てるはずがなかった。

この本は、おそらく諸説ある中から、「なぜ」を教えてくれる。

例えば、なぜ、アヘン戦争が起こったか、その後各国のGDPはどう推移したか。

日本は戦後、どうやって立ち直ったのか、アメリカという国はどのようにして出来たのか。

そこにある物語は、フィクションよりも面白く、意外性に満ちている。

読み終えて、ブチブチと断片的に捉えていた世界が一つの巻物になった。

 

まとめ

本3冊、コミック9冊という結果でした。

読みたかった本が読めて満足ですが、マンガの続巻をどう読もうか悩みます。

購入かレンタルか、図書館やネカフェもありますね。

そう考えると、改めて選択肢の多さに驚いてしまいます。

 

過去の記事

sotsusotsu.hatenablog.com

 

広告を非表示にする