読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle Unlimitedで読んだ本とコミック(6):2017/03

継続中の定額サービス、Kindle Unlimitedの備忘録。

sotsusotsu.hatenablog.com

無料体験からKindle Unlimitedを使い始めて、半年が経ちました。

累計で、本は29冊、コミック60冊、写真集1冊という結果でした。

詳しい内容は、過去記事にまとめています。(今は読めなくなった本多数。)

 

☆4以上のものについては簡単な感想を書きました。

※作品の☆は個人的なもので、Amazonの評価ではありません。

 

ちゅぱからぶ (1)/ (2)/徳山るーしー

ちゅぱからぶ (1)

ちゅぱからぶ (1)

 
ちゅぱからぶ (2)

ちゅぱからぶ (2)

 

★★★★

マンガボックスで連載されていたラブコメマンガ。

嫁探しのため、日本にやってきたイケメンは、UMA(未確認動物)のチュパカブラ

モンゴリアン・デスワームや、フラットウッズ・モンスターなど、他のUMAも続々と登場して、わちゃわちゃ楽しい雰囲気が◎

さらっと読めるのに、全4巻でうまくストーリーもまとまっている。

人外アニメが、流行っている今、ぜひアニメ化してほしい作品。

 

隣人13号 第1巻/井上三太

隣人13号 第1巻

隣人13号 第1巻

 

★★★☆☆

 

ひとりストリップ/貫洞沙織

 ひとりストリップ 作者: 貫洞沙織

 

★★★☆☆

 

お菓子とビール/サマセット・モーム

お菓子とビール

お菓子とビール

 

★★★★

モームの小説は、いろんな訳者に翻訳されているが、中でも、龍口直太郎さんの翻訳が好きだ。

他の訳者さんと全部比べたわけではないけど、わたしにしっくりくるのは、瀧口さんだった。

『お菓子とビール』は、回想を巧みに使い、場面が過去に移動する。

小説家である主人公の少年時代、青年時代、そして現在。

その時々に、対峙した人への感情の動きが、ありのままに描かれている。

負の感情をまるで隠さない、手厳しい描写に、清々しさすら感じてしまう。

モームの一番のおすすめは『月と六ペンス』だが、この小説もやっぱり面白かった。

 

笑いのカイブツ/ツチヤタカユキ

笑いのカイブツ

笑いのカイブツ

 

★★★★

若林正恭さんの『社会人大学人見知り学部 卒業見込』に登場するハガキ職人が彼だ。

この作品は、cakes連載から書籍化された私小説で、6章からなる。

森絵都さんの『カラフル』のような、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上がっていた。

でも、普通に面白い。という表現になってしまうかもしれない。

マグマのようにドロドロしたものを期待していたせいで、拍子抜けしてしまった。

もっと、早くに書いてほしかったように思う。

 

まとめ

本3冊、コミック3冊という結果でした。

Kindle Unlimitedで読める、グーテンベルク21のシリーズは、読みたい本がたくさんあります。

龍口直太郎さん翻訳のサマセット・モームの作品は、とくにおすすめです。

『笑いのカイブツ』は、新刊なのに、Kindle Unlimitedで読めて嬉しかったです。

ユーザーも変化を求めているので、今回のように、人気本が追加されたのはよい傾向ですね。


過去の記事

sotsusotsu.hatenablog.com

 

広告を非表示にする