読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonプライム・ビデオで見た映画やTV番組(1):2016/12~2017/02

企画 映画 アニメ

sotsusotsu.hatenablog.com

動画定額見放題サービスをいくつか試して契約するという企画を、去年の夏から始め、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、dTVを試し、次はHulu、DMMと考えていました。

しかし、12月に開催された「プライム初回年会費1,000円OFF」キャンペーンにつられ、ひとまずAmazonプライムに登録しています。

1年間あるので、3ヵ月ごとにAmazonプライム・ビデオで見た映画やTV番組を記録していこうと思います。

☆4以上のものについては簡単な感想を書きました。

※作品の☆は個人的なもので、AmazonYahoo!映画の評価ではありません。

 

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

★★★★

この番組が見たくてAmazonプライム登録した。

10人の芸人さんを集め、笑うと脱落するルールで、お互い笑いを仕掛け合う番組。

密室に集められる設定がゲームみたいで面白い。

プレーヤーも曲者ぞろいで、何が起こるかわからない異様な空気。

一人で見るより、誰かと見て楽しい番組だと思う。

笑いのツボって、みんな違うから、つられて笑ってしまうし。

全4回でシーズン1は終わったけど、シーズン2があったらまた見たい。

 

ビリギャル

★★★★

有村架純がとにかく可愛い映画。だがそれがいい

優しい笑顔で応援してくれる先生役には伊藤淳史

わたしは、伊藤淳史さんが好きなので、すごーく癒された。

あんな先生がそばにいてくれたら、もっと勉強、頑張れたのに、なんて。

 

ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー 1 [DVD]

ガールズ&パンツァー 1 [DVD]

 

★★★☆☆

 

フラッシュバックメモリー

★★★★

交通事故により記憶の一部が消えてしまった、ディジュリドゥ・ミュージシャンGOMAのドキュメンタリー。

GOMAさんが奏でる音と、描いた絵によって構成される映像は、今、GOMAさんが生きていることを感じることができて、とてもよかった。

 

ソードフィッシュ

ソードフィッシュ 特別版 [DVD]

ソードフィッシュ 特別版 [DVD]

 

★★★☆☆

 

All Things Must Pass: Rise & Fall of Tower Records

All Things Must Pass: Rise & Fall of Tower Records [DVD] [Import]

All Things Must Pass: Rise & Fall of Tower Records [DVD] [Import]

 

★★★★

アメリカのタワーレコードのドキュメンタリー。

監督は名優トム・ハンクスの息子で俳優のコリン・ハンクス。

このドキュメンタリーはインタビュー中心のよくある構成。

古き良き時代、みんなが音楽に熱狂していた時代からCDが売れなくなるまで。

結果、アメリカのタワーレコードは、経営不振に陥り、店舗を閉鎖することになる。

わたしもCDショップで2回働いたことがあるので、共感するところが多くあった。

かつて、CDショップや本屋は、わたしたちにとって、最高の受け入れ先だった。

音楽をやっている人や、物書きの人ら、変わった人たちがよく働いていた。

そこは、ある意味世間から隔離され、独自のユートピアを築いていた。

でもその居場所はもうどこにもなく、今はコンビニになってしまった。

 

ミスター・ノーバディ

ミスター・ノーバディ [DVD]

ミスター・ノーバディ [DVD]

 

★★★☆☆

 

ロザンの08ベスト+

ロザンの08ベスト+ [DVD]

ロザンの08ベスト+ [DVD]

 

★★★☆☆

 

ユーリ!!! on ICE

★★★★

ユーリはいいぞ。

オリジナルアニメが、アニメの表現をアップデートしていくんだと、強く感じる作品だった。

主人公が、憧れの選手にコーチをしてもらうことになり、二人三脚でグランプリシリーズを目指すというストーリーは分かりやすく、キャラクターもいいけど、何より演出が面白かった。

最近のアニメ表現の全てをぶち込んだようなやり方は、『君の名は。』を見て感じたことに似ている。

今の流行りで、腐に寄せてきたのかは分からないけど。

OPとEDが、素晴らしく、10話の特殊EDに至っては、そう来たかという驚きで、ニヤニヤは止まらない。

11話の選手紹介はよく出来ていると関心したけど、実際のフィギュアのTV放送でもある演出なんだろうか。

12話(最終話)で、どのキャラクターもプログラム通りに滑るシーンがあったのもよかった。

アニメも、漫画も主人公に感情移入する楽しみ方は、とっくに終わっていて、今は、モブの1人としてその世界にいる気分で、目の前の映像を観ているんだと思う。

このアニメの成功で、ストーリーの余白部分を残し、視聴者が自由に想像できるような作品が、もっと増えていきそう。

 

まとめ

映画5本、アニメ2本、お笑い2本という結果でした。

ドキュメンタリー映画2本は『All Things Must Pass: Rise & Fall of Tower Records』と、

『フラッシュバックメモリーズ』どちらとも面白かったです。

ガルパンは、もっと競技に戦略性があると期待しており、ハードルを上げすぎました。

アニメを配信で観るのは、何回もディスクを代える必要がなくてよかったです。